管理部 経理IRチーム2018年7月入社
Q.入社動機を教えてください。
名古屋で開催されたスタートアップ企業の集まりで当社の役員に出会ったことがPhoto electron Soulを知ったきっかけでした。出身校である名古屋大学で培われた革新的な研究成果を産業化させようとしているという点に将来性を感じ、またそんな会社の立ち上げに携われることを素直におもしろそうだなと感じました。
また、私は入社まで公認会計士として監査法人で勤務し、主に製造業の会計監査をしてきましたので、この経験を会社に還元し貢献できるのではとも思いましたので、入社を決断しました。
Q.携わっている業務の内容を教えてください。
経理チームの責任者として、会計原則に基づく正しい数字づくりだけでなく、経営陣が事業判断に使える数字を発信できるよう日々改善を進めています。その他にも管理部の責任者の立場から、事業活動を全社一丸となって最速で進めるべく、開発・製造・購買・会計領域など全社横断的な仕組みづくりも進めています。
Q.仕事をする上で心がけていることを教えてください。
少人数組織ですが、業務が属人的にならないよう心がけています。責任者として新しいことに取り組むことも日常的にありますが、出来る限り業務手順書やマニュアルを作成し、自分だけが知っている、自分だけができるというようにならないよう注意しています。社内ルール作りに関しては、過度で意味のないルールが事業スピードを妨げることにならないよう、会社の全体像を踏まえて最適なものを提案すること、定期的にルールの棚卸をして意味のないルールが残ってしまわないようにすることも心がけています。
Q.当社での一番大きなチャレンジは?
内部監査責任者やリスク・コンプライアンス委員会の一員として重要な事業リスクを選定し、対処策・改善案を提案する活動も行っていますが、判断の誤りが傷口を広げてしまう可能性もあり、常に神経を使います。厳密すぎるルールは会社のスピードを落としてしまいますが、一方でルールを定めないわけにもいかないため、とりうるリスクを判定して最低限必要なラインを見極めること、具体的にそれを運用する会社メンバーからの納得感を得ること、などを工夫するという点は、自分にとっては常に挑戦的な領域です。
Q.これから挑戦したいこと
管理部は事業活動を裏から支える立場ではあるものの、単に裏方として事業成長を見守る部署としてではなく、事業の当事者として開発部や事業部と共に成長を喜び合える部署にしていきたいと考えています。
また私個人としても、事業会社だからこそ味わえる領域に少しでも深く関与できるよう、アカデミックな領域にも挑戦していきたいです。
関連記事