「みる(微細観測)」、「つくる(微細加工)」の世界を革新

 当社の使命は、フォトカソード電子ビーム技術の開発を通じて、「みる(微細観測)」、そして「つくる(微細加工)」の世界を革新することです。
 当社が開発するフォトカソード電子ビーム技術によって、高性能かつ多彩(パルス構造・低分散・大電流)な次世代の電子ビームが生成されます。電子顕微鏡、半導体デバイス製造・検査装置、金属3Dプリンタ等の産業機器のキーデバイスである電子ビームを刷新することで、従来では不可能な微細観測、微細加工、高スループット性などを実現し、ライフサイエンス、材料、エレクトロニクスなどの広範な分野にブレークスルーをもたらします。

長年の技術波及への想いとともに

 当社の技術は、名古屋大学を中心に30年間にわたり培われてきた技術に基づきます。
 名古屋大学理学部では、フォトカソード技術の研究・開発が脈々と取組まれ、世界最高のスピン編極度80%の実現など、高エネルギー物理学へ多大な貢献がなされてきました。そして、学術界にとどまらない、より広い技術の波及を目指し、世界初となるスピン分解した電子顕微鏡が実現されました。
 当社は、長年にわたり培われてきた技術、そしてより広範な産業界の技術波及への想いとともに歩みます。

Our mission is to rebuild the worlds of fine observation and manufacturing by photocathode technologies.
Electron beam is currently a key element in these fields and used in various devices such as semiconductor inspection equipment, electron microscopes, and metal additive manufacturing. In spite of importance of it, electron beam technology, has not been changed for almost 40 years, and their performances were supposed to be reached a limit.
Photo electron Soul does break the limit and our photocathode technologies generate ultra-high performance electron beams in coherence, electrical current, and beam shapes (e.g. pulse beam). We can realize fine observation and manufacturing you’ve never obtained before, and bring break through and new findings in variety fields such as life science, material, and electronics to you.