東レリサーチセンターと技術・事業における協業のお知らせ

2017.02.09

株式会社Photo electron Soulと、株式会社東レリサーチセンターは、
半導体フォトカソード電子ビームによる微細観測の実証、および、
その事業開発に向け、共同研究契約を締結しました。


概要

 本共同研究により、従来では不可能であった微細観測を可能とする技術を実証します。
また、得られた成果に基づき、Photo electron Soulは成長性の高いマーケット向けの機器開発を進め、
東レリサーチセンターは新規性および競争力の高いサービスラインナップを新たに創出することを目指します。

協業の目的

 先端材料や電子デバイス、医療・ライフサイエンスなどが急速に発展する中、
ナノレベルでの微細観測へのニーズも高度化が進み、今後もますます進行していくものと予想されます。
 このような中、両者の協業により、従来技術では解決が不可能なニーズにお応えできる、
新たな微細観測技術の実証を進めるとともに、その事業開発に取り組みます。
 本技術および事業が確立された暁には、より安全・高効率な電池材料の実現や、
タンパク質の相互作用や三次元立体構造解析による創薬プロセスの短縮などにつながることが期待され、
産業界の発展に大きく資するものと考えております。

※詳細は以下プレスリリースをご覧ください